※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【ブルーモーメント】ドラマのあらすじと最終回ネタバレ!全何話でいつから?

ブルーモーメントドラマネタバレ エンタメ

漫画が原作のドラマ【ブルーモーメント】が、2024年春ドラマで始まります。

2024年4月スタート、毎週水曜日夜10時からフジテレビで放送。

原作の漫画は、小沢かなさん。

主演は山Pこと、山下智久さんで民放ドラマの主演は5年ぶりだそうです。

フジテレビ・山下智久さんと言えば「コード・ブルー」!

このドラマは、2017年なので、フジテレビでは7年ぶりとなるそうですよ。

そんな超話題の、今回はドラマ「ブルーモーメント」の最終回のネタバレと放送がいつまでか、全何話なのかをお伝えいたします。

広告

【ブルーモーメント】ドラマのあらすじ

舞台は、気象庁気象研究所。

そこで研究官として働く晴原勘九朗(はるはらかんくろう)は、テレビの報道番組のお天気コーナーにも出演している。

端正な顔立ちと爽やかな笑顔がトレードマークで、雲王子として大人気。

しかし普段は全く違う別の顔をもち、気象災害から人命を守るために活動する、特別災害対策本部、通称「SDM本部」の一人でもある。

SDM本部とは内閣府直属の近年多発する自然災害において、人的災害を防ぐチーム。

その中でもリーダー格で知恵と知識を駆使し、最前線で使命感をもち命がけで立ち向かう奮闘を見せる。

しかし、本当はテレビで見せる顔とは全く別でストレートに物を言い、口が悪く反感をかうような態度をとる。

その晴原勘九朗の助手として、新しく派遣として入社した雲田彩(くもたあや)。

勘九朗が名前だけで採用をきめた雲田は、仕事はできるが性格が災いして派遣先をクビになったばかりだった。

頭はよくて、仕事もできるがお互い性格が災いする二人を中心に物語りは進んでいく。

題名の「ブルーモーメント」は日の出前と日の出後の一瞬だけ見られるすべてが青に包まれる

ことをいう。

ドラマの原作は漫画

原作は、同じ題名の【ブルーモーメント】で漫画です。

著者は、小沢かなさん。

青い空が好きすぎて、自家用操縦士(上級滑空機)の資格をもち、空に関する

作品も多い人です。

今回実写ドラマ化は初めてのようですね。

原作の漫画は、現在全2巻で、1巻目は2019年に発売されています。

今年2024年4月に3巻が発売される予定だそうです。

ドラマではどこまで反映されるのかも楽しみですね。

【ブルーモーメント】ドラマは全何話?いつから?

フジテレビの水曜日10時からスタートのドラマは、大体全10話のようです。

実際のスタート日はまだ発表になっていませんが、4月とあるので、頭からスタートとなると、下記スケジュールで、最終回は6月5日になります。

1回目 4月3日
2回目 4月10日
3回目 4月17日
4回目 4月24日
5回目 5月1日
6回目 5月8日
7回目 5月15日
8回目 5月22日
9回目 5月29日
10回目 6月5日

【ブルーモーメント】最終話のネタバレ

2024年2月時点では、わかっていないため、ドラマが始まりましたら更新させていただきます。

原作のドラマは、まだ2巻しか発売されてなく、今年4月に3巻が発売予定とのことなので、

今までの2巻をどのように、また今後発売予定分も含むのか、ドラマ独自なのかも気になる

ところですが、わかり次第更新いたします!

広告

まとめ

現時点(2024年2月)で、まだ主演の山下智久しか発表されていません。

今回お届けした、「【ブルーモーメント】ドラマの最終回ネタバレ!全何話で放送日はいつからいつまで?」をまとめましたが、内容が更新されましたらその都度更新させていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

 

 

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました